HOME > 最新情報・ブログ

最新情報・ブログ

スタッフ募集終了のお知らせ

たくさんのご応募ありがとうございました。
定員に達したため終了させて頂きます。

今後、業務拡大の際に改めて告知致します。
よろしくお願いいたします。

愛知県名古屋市営業許可等 在留資格・帰化申請等 相談

当事務所は行政書士として各種許認可申請も承っております。
代表的なものは次のとおりです。

    建設業
    宅建業
    運転代行業
    飲食業
    古物商
    NPO法人等、各種法人設立の際の認可申請

上記以外の許認可申請も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、外国籍の方が日本国籍を取得するための申請であり、許可後は、現在お持ちの国籍を喪失することになります。帰化は、日本における在留期間が長ければ誰にでも許可されるというものではありません。国籍法等に定められた一定の要件を充たす必要があります。

    結婚、出産、就職、進学等を機に帰化をお考えの方・・・
    自分で手続を進めているが、上手くいかない方・・・

当事務所では、帰化申請手続きのフルサポートから書類取り寄せサポートまで、依頼者のご要望に応じて、お手伝いさせていただきます。

その他、永住許可等、入国・在留関係の申請取次業務も行っておりますので、ご相談下さい。

愛知県名古屋市司法書士 行政書士 事務職募集開始のお知らせ

引き続き、森事務所では業務拡充につき、スタッフ募集をしております。
詳しくは以下のスタッフ募集概要をご覧ください。
お気軽にお問い合わせください。

スタッフ募集

>>スタッフ募集概要ページ

愛知県内、名古屋市会社設立と専門家

会社設立手続きに関わる専門家として、司法書士と行政書士が有りますが、司法書士は登記手続き等法的手続きの専門家です。
会社設立は、登記が効力用件で登記申請が必要不可欠な手続きであるため、会社設立手続きを代理・代行するには司法書士の関与が必須であり、司法書士に相談すれば、通常会社設立に関わる手続きをすべて行うことが出来ます。

一方行政書士は、役所に提出する許認可等の申請書類作成が主な業務であり、権利義務・事実証明に関する書類等を作成することも出来ます、法人設立の許認可に関わる部分や、会社設立に必要な書類の一部を作成することが出来ます。

しかし、行政書士の資格では、会社設立登記申請書を作成することが出来ず、会社設立登記申請を代理することも代行することも出来ません。また、会社設立登記手続きで内容の不備等によって補正手続きが有ったとしても、行政書士の資格では手続きを行うことが出来ず、場合によっては依頼者に大きな迷惑を掛けてしまうことになりかねません。また、行政書士に会社設立手続きを依頼した場合、会社設立登記申請手続きは司法書士に依頼せざるを得ず、余計に費用と時間が掛かってしまうことになります。

当事務所では、司法書士・行政書士双方の資格を保有しているため、そのようなご迷惑をおかけすることなく、許認可が必要な法人の設立であっても、一貫してかつ、迅速に手続きを行うことが可能です。 

愛知相続遺言のお手続きの流れ

受任した後は、下記行程で進行します。

相続調査
被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍等を取得します。簡単に表現するなら、
被相続人の出生から死亡まで、そして相続人の戸籍まで、全てを取得することになります。
この調査には1~2ヶ月くらいかかることがあります。

遺産分割協議書(法定相続の場合はこの手続は不要です)
相続は、遺言が無ければ民法規定の法定相続になります(下記表参照)。
しかし、特定の相続人に相続財産を残したい場合や、持分を特定の相続人に多く持たせ たい場合などは、
必要に応じて、遺産分割協議書を作成します。
これには相続人全員が実印で押印し、印鑑証明書を添付する必要があります。

詳しくは相続遺言のページでどうぞ


スタッフ募集終了のお知らせ

たくさんのご応募ありがとうございました。
定員に達したため終了させて頂きます。

今後、業務拡大の際に改めて告知致します。
よろしくお願いいたします。

1234567

このページのトップへ